サーカス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ネットワークビジネスで成功する考え方は何?



外国はわかりませんが
日本人には群衆心理があります
人が並んでいると後ろにツイテみたくなるのです
野次馬根性でしょうか、研究熱心なのでしょうか?

豚の行列

インターネットビジネスも同じことが言えます

その挙句、飽和状態になる心配がでてきます

しかし、いったいいつ飽和になるのでしょうね?



結論から言いますと、「飽和」なんてありえません。

車も、テレビも、携帯電話も、掃除機も、洗濯機も、マンションも、
もうずーーーーーーーと昔から飽和なはずです。

でも売れていますよね?

なぜでしょう?

常に新しい製品が出るからです。
常に新しい人が生まれ育つからです。
常に製品が改良されるからです。
そして、古い会社が淘汰されて、新しい会社が伸びるからです。

インターネットのネットワークビジネスの世界も同じです。

一つの手法でのリクルート方法がダメになっても、常に新しいリクルート手法が
開発されます。

Youtube や YOUSTREAM のような動画によるスポンサー活動。

ツイッターやフェイスブックのようなSNSサイトでの集客。

アメブロのような人気のブログサービスからの集客。

ランキングサイトに、ポイントサイトでの集客。

そして、ニッチなキーワードによるロングテールSEO対策による
ブログやホームページでの集客。

以前は、無料掲示板への書き込みとメルマガ広告しか
手法がなかったんですよ。

そして、毎年毎年インターネットを始めるネット人口が
数十万人、数百万人単位で増えています。

スマートフォンの普及もネット人口をさらに激増させています。

見込み客は増えて増えてしょうがない、といったところです。

しかも、新しい人口が生まれ、育ち、成人になりまた参加されます。


9年前に「飽和だ、飽和だ」と叫んで心配していた人が今の現状をみたら
悔しがることでそうね。

要するに、心配する暇があったら、即参加して手を動かすことです。

手を動かしている間に成果が出てきます。そして問題が起きても解決策が
必ず見つかります。

その繰り返しです。とっても面白い人生ゲームです。

「飽和だ、パイの取り合いだ!」と心配する人が、もし、インターネット上に
だれもネットワークビジネスをしていなかったら、どう言うでしょうか?

「だめだ、誰もネットワークをやっていない。儲からない」

とあきらめるでしょう。

つまり、失敗する人は「飽和だ」「誰もやっていないからダメだ」と
常に言い訳をするのです。

賢明なあなたは、そんな心配をしないで、コツコツと手を動かして作業して
どんどんと組織を広げて収入を増やしてください。


また、ライバルが多ければ多いほど、賑わい感があり、実はお客さんが増えるんですよ。

周りにラーメン屋が一件もないところにぽつーんとラーメン屋があるよりも、
美味しいラーメン屋がひしめき合っているストリートに店を出す方が、
お客さんが集まりやすいんです。

これは事実です。

だから「飽和」を心配するくらいにライバルがたくさんいて盛り上がっているほどに
お客さんがその熱気に集まってきて、私もあなたもいい目を見るわけです。

すべては考え方次第ですし、あなたの考え方があなたの現実を作り出す、という

「思考は現実化する」

という原理原則を思い出して、ワクワクしてこのビジネスに取り組みましょう。



在宅ネットワークビジネスで金持ち父さんになろう!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。