サーカス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッカーのマネジメントはネットワークビジネスの指標

経済学者のピーター・ドラッカーのマネジメント論を読みました。 それによると、
-------------------------
産業人とは、組織社会のなかで働いている普通の人々のことを指します。
生産手段が大規模化し、知識が高度化、専門化したため、一人では仕事ができない時代が到来しました。
以前は、靴やならば、自分の手作業で靴をつくり、自分で店を開いて売っていました。 しかし、今では、
それぞれの作業がスペシャリスト化し、靴を成形する仕事、靴底を縫い付ける仕事、
在庫管理をする仕事といった具合に細かく労働が分化し、企業という形で組織化されています。

現在の社会においては、ほとんどの人が、なんらかの形で組織に属しながら働いているといっていいでしょう。
すべての人が組織で働いているとするならば、その組織をよりよいものにしていけば、
組織の集まりである社会もよくなるのでは、ないでしょうか。
組織に成果をあげさせられるマネジメントこそ、人間に幸せをもたらすのです。
-------------------------

これはネットワークビジネスにも当てはまります 誘うだけ誘っておいてフォローもなし、
「セミナーに人を連れてくればいいのよ」という 組織では、人が幸せな成功に導かれる
可能性は低くなることでしょう。




在宅ネットワークビジネスで金持ち父さんになろう!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。