サーカス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業か本業かでネットワークビジネスの確定申告基準は異なる

在宅ネットワークビジネスで金持ち父さんになろう!



GUM02_CL01085.jpg



ネットワークビジネスからの収入が有る場合、
税務署に一年間の確定申告をして、
所得税を払わなければなりません。


確定申告とは、所得税(収入)を税務署に申告することです。
(国民の義務になります。)


前年の1月1日から12月31日までが課税期間です。
期間内に発生した、収入・支出、家屋の新築・増改築・売買や、
医療費、盗難や火災、寄付、扶養家族状況などの出費を差し引いて、
所得を計算した申告書を、
税務署へ提出して、納付する所得税額を確定します。

怠ると、罰則もあります。国民の義務ですからネ
脱税はいけません!


ネットワークビジネスは個人事業主となり、自分で申告する必要があります。
(サラリーマンは会社で申告しているので気付きにくい)


例えば、
ネットワークビジネスだけの人は=38万円以上の収入
があった場合、確定申告が必要になります。

又、サラリーマンで副業収入を得た人は=20万円以上の収入
があった場合、確定申告が必要になります。


ネットワークビジネスに取り組んでいて、
収入がなかった場合、申告の必要は発生しません。

申告は、例年3月15日までに税務署に書類を提出します。


課税例をあげてみます。

課税所得195万円以下             税率5%     控除額-
課税所得195万円超~330万円以下    税率10%    控除額9万7,500円
課税所得330万円超~695万円以下    税率20%    控除額42万7,500円
課税所得695万円超~900万円以下    税率23%    控除額63万6,000円
課税所得900万円超~1,800万円以下   税率33%   控除額153万6,000円
課税所得1,800万円超~           税率40%    控除額279万6,000円



例えば課税所得が400万円の人は
400万円×20%-42万7,500=¥37万2,500
の所得税が国から請求されるということです。



かかった経費はコマメに、保管しておきましょう。
(領収書、請求書、経費集計表、通帳など)
必要経費として認められる場合があります。

確定申告書に、必要経費を記載し、認められると、還付されます。
還付に必要なのは還付先の銀行名と印鑑(認め印でよい) です。


(例えば)必要経費が¥10,000かかったとすると
それが、還付され、
¥372,500-¥100,000=¥272,500
の税金が国から請求されることになります



私のネットワークビジネスは、
インターネットをメインに活動していますので、
その、経費の一例を上げてみます。

「広告宣伝費」
インターネット上で宣伝活動をした場合
(リードメール・メルマガなど) 
「宣伝費」として経費に計上できる。

「通信費」
インターネット使用料で、仕事として使っているものは
経費として計上できる。
独自ドメインやレンタルサーバーを用いて、
宣伝用のサイトを運営している場合は、
「通信費」として経費に計上できる。

「切手・はがき代など」
メンバーやリクルートしようと考えている相手などへの
暑中見舞い・挨拶状・年賀状などは
「通信費」として経費に計上できる。


「電話料金・携帯電話料金」
仕事として使っている割合を
経費として計上できる。



わからないことがあったら税務署の窓口で教えてもらいましょう。


私のネットワークビジネスはと、
こだわりの製品力はもとより、インターネットをメインの手段として、自分も人も
傷つけない展開方法を実践しており、創業70年以上の歴史があります。
しかも確定申告対象者が続出という、
実践に基づいた集客ノウハウが自慢になっています。





在宅ネットワークビジネスで金持ち父さんになろう!


スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。